歩くブログ

歩く人のちょっとお得な情報を歩くブログに

【スポンサーリンク】

【献血】意外と良い暇つぶし?痛くないし、怖くないよ!(ご褒美あり)

f:id:hakunamatata_life:20191130232548j:plain


どうも歩く人です。

 

突然ですが、献血したことありますか?

 

自分は今年の夏休み頃に人生初の献血を行いました。

 

栄えた駅前などでよく献血の勧誘を行ってると思います。

やったことないと正直めちゃめちゃ怪しいですよね(笑)

 

特に宛てもなく駅周りをぶらぶらしてる時に、献血の勧誘を行なっていて

やることないしせっかくだからやってみるか。という軽い気持ちで献血を行なっているところに行きました。

 

車でやっている献血もありますが、自分の場合は建物の中で行なってるそこそこ広いとこでした。

 

受付と質問

入ると、受付があるので基本的には案内に従えばおkだと思います。

 

三ヶ月以上も前のことなので記憶は曖昧ですが

 

・身分証を提示する。

・個人情報を専用の紙に記入。

・注意事項や献血をするための条件の説明。

・スタッフの指示にしたがって、いくつかの質問に答える。

 

ということをやりました。

 

質問に関してどっちかわからないというものがあれば、スタッフの方に聞くとどちらにすると良いか教えてくれますよ。

(自分は、体に入れた金属を取る手術が数ヶ月後に控えてたので質問しました。)

 

受けることができない条件等もあるので、せっかく行ったのに献血できない

なんてことになるのが不安な方は下記の赤十字公式のサイトで確認すると良いかもしれません。

 

献血をご遠慮いただく場合|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社

 

基本的に、粘膜接触や血が関係することをしているとNGになるかもしれません。

 

高校生、大学生の方は性行為やピアスなどは注意した方が良いです。

 

問診・採血

質問に答えて問題なさそうなら医師の方の問診を受けます。

ピアスのことや、手術のことなどの詳細を話しながら血圧測定などを行いました。

 

特に緊張することはなくて、聞かれたことに答えるだけという感じです。

 

問診が終わったら献血をします。

 

血液型とヘモグロビン濃度を測ります。

 

確実ではないですが、採血で自分の血液型は99%わかります。

自分の血液型を知らない人にとってもいい機会ですね。

 

ヘモグロビン濃度が低いと受けられないので頭に入れとくと良いと思います。

(濃度が低い場合は残念としか言いようがありません・・・)

 

いざ、献血へ

f:id:hakunamatata_life:20191130232650j:plain


採血まで終われば、献血の準備を待つのみ。

 

歯医者さんで座るような椅子に座って、献血を行います。

自分の場合は、正面にテレビがあり、耳元にスピーカーがあったので献血の間はずっとテレビを見てました。

 

自分と一緒に行った人は看護師さんとおしゃべりしてたらしいです(笑)

 

それくらいリラックスしていておkという感じです。

 

時間は10分くらいでした。

 

終わった後は、いくつかある品から好きなものを1つ選んでもらうことができます。

 

自分は、ハーゲンダッツがあったのでハーゲンダッツを頂きました(笑)

 

すぐに帰ることもできましたが、休憩所で休んで行くのをおすすめされたので

ハーゲンダッツを食べながら少し休んでから帰りました。

 

帰りに献血カードを渡されるので、次からはそのカードを持っていくと受付がスムーズになるみたいです。

(指紋も取るので、献血カードがなくても最悪なんとかなるらしい)

 

まとめ

針を刺すのは二回で、どちらも注射程度なので痛くありません。

(注射が苦手な方は似たような痛みがあるので注意かも?)

 

点滴などをやったことある人は余裕です(笑)

 

全体的にかかった時間は1時間ほどで、採血自体の時間は10分くらいでした。

 

無料の自販機があったので好きなだけ水分が取れたり、休憩にクッキーをいただいたり

ハーゲンダッツなどのご褒美ももらえるので

得しかない経験でした。

 

 

献血は人助けになるので、記事を読んで興味が湧いたらぜひ行ってみてくださいね。

 

 

今回は以上になります。

 

髪の毛セットしてたので献血中、首がリラックスできなかったから髪セットしていくのはやめとけ!笑