歩くブログ

歩く人のちょっとお得な情報を歩くブログに

【スポンサーリンク】

【映画】ジョーカー見てきたから感想書くよ!つまらないけど絶対見るべき映画だと思う

f:id:hakunamatata_life:20191110234124j:plain

引用元:https://www.fashion-press.net/news/49659

 

10月4日に『ジョーカー』が公開されて以来

ツイッターでかなり話題にになっていて、感想を見るとかなり魅力的だったので実際に見に行ってみました。

 

DCコミックスに登場するヴィランのジョーカーも少し知っていた中で、誰でもジョーカーになる可能性があるという感想や、アカデミー賞もかなり期待されてるという意見も目に入り、どんな衝撃があるのかとワクワクしながら見たのですが・・・

 

映画が終わって最初にに思ったのは、

『この映画、全くわからん!!というか、そんな絶賛するほど良い映画か?』

そんな感想でした。

映画が終わって映画を振り返り、頭の中を整理したらモヤモヤがする部分がかなりあったな、と。

 

そして、ジョーカーに関する記事をいろいろ眺めて

ああ、この映画すごく深いんだな・・・もう一度見たい、と思いました。

 

※ここからはネタバレを含むので要注意です。

 

序盤から場面の変化が多く、

え?これは現実?想像の世界?現在のこと?過去のこと?

となる瞬間がとにかく多かった。

 

カウンセリングを受けてるときに、表情と感情が合ってない笑いを見て、どーゆー心境なんだ?と思っていたら、そのあとのシーンで病気であることが判明。

友人から『あの映画見ると笑い声が頭から抜けなくなる』と聞いていたのもあり、

なるほど、これがジョーカー特有の笑いとして残っていくのか、と。

 

この後何人か人を殺していくが、その中で少しずつアーサーが狂っていくのをずっと感じていました。

 

そして、母親の虐待や妄想癖なども発覚したり、アーサーと近所の女性との関係が妄想だったりと

この映画は、あえて現実と妄想をわかりにくくしてるんだな、と何度も思わされた。

 

終盤で、生放送中に殺人鬼であることを自白し、司会者を殺し、周りが慌て逃げ惑う中、一人踊るジョーカーを見て

これが最高のコメディなんだな・・・と感じている自分がいた。

 

その後、捕まったところを信者に助け出してもらい、口から溢れる血で笑う口を描いた瞬間が、アーサーが本当に吹っ切れた瞬間だと思いました。

 

最後に、ジョーカーが火の海となったゴッサムシティの中で英雄として称えられているようなシーンからカウンセリングのようなものを受けているシーンに切り替わったときにすごく違和感があったのですが

『ジョークを思いついた』とアーサーが言ったのが、いままでの全てがもしかすると妄想でそれがコメディアンとして最高のジョークだと思ったが、常人であるカウンセラーにそれが理解できないと思い、その直後に『理解できない』と言ったのでは?と考察したら、違和感が腑に落ちた。

(鑑賞後に記事を調べたら同じような感想を抱いてる人がいたので、見当違いではないはず)

 

トーマス・ウェインが殺されるシーンで撃った男が強調されて映されてるな、と思っていたのですが

考察の記事などを後から読んでいたら、

生き残った男の子が後のバッドマンであり、撃った人が本当のジョーカーになるのでは?という考察を見て感動しました(笑)

その瞬間になぜか『この映画最高だわ』と思いました。

 

 

見終わった直後は、脳みそ追いつかないしわからなすぎてすごさを感じないけど、後から思い返して少し考察とかすると

この映画は、決して面白いという作品ではないけど、絶対に見るべき映画だな

と思えるので、まだ見てない人は騙されたと思って見て欲しい作品です。

 


今回は以上になります。