歩くブログ

歩く人のちょっとお得な情報を歩くブログに

【スポンサーリンク】

ポケモン金銀が発売されて20周年、お祝いだ!

f:id:hakunamatata_life:20191121235534j:plain
どうも歩く人です。

 

本日2019.11.21は、ポケモン金銀が発売されてから20周年です!🎉

 

みなさんポケモン金銀やったことありますか?

 

自分は、ほぼありません!

幼稚園生くらいの時に、フリーマーケットのようなところで中古のを買って

ゲームボーイアドバンスでずっとやっていたのですが・・・

 

セーブができない

 

だいたい、1つ目のジムまで行って次の街に向かうところで、セーブして、

よし、また後でやろう。

 

次につけると、画面には『はじめから』の文字

 

は?

 

あれ?おっかしいな?

 

なんでだ?ゲームボーイアドバンス壊れてるのか?

中古だからダメなやつなのか?

 

当時はそんなことを思いながら1つ目のジムを終えたところ10周はしたよね。

 

今思うと、ポケモンってはじめからを選択するとセーブできない謎仕様あるから

それだったのかも。

 

初期化してやり直す時は、

タイトル画面で「十字ボタン上」+「セレクトボタン」+「Bボタン」

だから覚えておいてくれよな!

 

そんなリセットを繰り返しながらもポケモンに熱中してたわけだけど、

カセットは自分、ゲームボーイアドバンスは兄貴のだったので、ポケモンやる時はよく喧嘩してて

あるとき、「カセットは俺のだから先にやらせてくれないんじゃ貸さない!」

って自分が言ったら兄貴がキレてゲーム機叩きつけちゃって

 

ゲームボーイアドバンスは無事お釈迦。

 

そんな体験が人生初のポケモンでした。

 

 

時は流れて、高校生の頃に友達と

『ポケモンやろうぜ!』って言ってプラチナから順番にポケモンをやっていったんですよ。

 

 

あ、ポケモンプラチナ知らない人いたら、これ読んでみて

神ゲーだから 

www.walkedblog.com

 

プラチナの次にやったのが

ハートゴールド・ソウルシルバー

 

これまた、神ゲー。

 

金銀となんの関係があるの?

って思ってる人もいるよね。

 

ハートゴールド・ソウルシルバー(HG・SS)は

金銀のリメイク版として発売されたDS版のポケモンなんですよ!

 

だから、基本的には金銀と同じ内容なわけなんですが・・・

 

ポケモン って普通はジムバッジが8個なんですよ。

 

でも、金銀シリーズはジムバッジが16個あるんです!

 

なんで?って思うよね。

 

これ実はね、ポケモン 金銀シリーズの舞台が近畿地方をモデルにした

ジョウト地方っていうところなんだけど

 

ジョウト地方で8個ジムをクリアすると、カントー地方に行けるようになっちゃうんです。

 

カントー地方っていうのは、初代ポケモンの舞台になった地方(モデルは関東地方)

 

つまり、関西出身の主人公は関西でトップになって上京して行くわけですよ。

 

そして、カントーで8個のバッジを手に入れてポケモンリーグに行くって感じ

 

だから16個ジムバッジがあるんですよ。

 

めちゃくちゃ面白そうでしょ?

 

 

めちゃくちゃ面白いよ。

 

初代やった人には胸が熱くなる展開もたくさんあるんだよね

 

初代でジムリーダーだった人の娘がジムリーダーになってパパは四天王だったり

 

初代ライバルで初代チャンピオンのグリーンが、カントー最後のジムリーダーだったり

 

初代四天王の最後の一人がチャンピオンになっていたり。

ちなみに、このチャンピオンは人に向かって『はかいこうせん』を打つように指示出す外道で有名。

 

ワタル『カイリュー はかいこうせん』

 

は、あまりにも有名。

 

金銀シリーズで一番胸熱な設定が、

ライバル(初代チャンピオン)のグリーンに勝ってチャンピオンとなった

初代主人公のレッドが、ポケモンリーグ後の裏ボスとして登場し、対戦できる。

 

というところですね。

 

ポケモンシリーズでは異例のLv.80を超えるポケモンを使用していて

原点にして頂点 を体現しているようで本当にかっこいい。

 

 

どうですか?

めちゃめちゃ面白そうでしょ?

 

 

めちゃめちゃ面白いよ。

 

20年経った今でも神ゲーといえるゲームだし、

金銀シリーズは3DSでもできるからぜひやってみてほしい。

 

ハートゴールド・ソウルシルバーも同様に神ゲーだからそっちもね!

 

 

金銀を祝福しつつ、金銀シリーズの魅力伝えられて自分は満足です。

 

今回は以上になります。